代表プロフィール

 

大前みどり

e-five planning(イーファイブ・プランニング) 代表/プロデューサー

ダイナミクス・オブ・ダイアログLLC パートナー

一般社団法人フロー・インスティテュート 理事

 

IT企業での営業事務職、印刷会社制作部門での英文・和文テクニカルライターを経て、(株)アントレプレナーセンターに転職し、自立型人材育成、起業家支援、地域活性化支援に従事。これまで数千人の起業家を育成し、のべ20万人以上に講演をしてきた福島正伸氏の秘書を務める傍ら、氏の書籍をプロデュースし、累計23万部のベストセラーを生み出す。2007年には、ビジネスプランコンテストの“夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーション”を、統括プロデューサーとして立ち上げる。 会社案内や理念浸透ツールとしての「感動ムービー」制作事業では、大手企業からの依頼が相次ぎ、一時は1年待ちという状態に。日経各紙でも取り上げられ話題となる。その他、大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールでは、5期に渡りアントレプレナーシップ講座のコースファシリテーターを務め、起業やキャリアアップを目指す受講生のサポートを行う。 

 

2009年4月に独立。感動体験ムービー制作プロデューサー、理念浸透コンサルタント、 組織開発ファシリテーターとして活動。これまでインタビューやアンケート、対話の場を通して、およそ20,000人以上の仕事のストーリーに触れ、働く人の深層にある「思い」や「働きがい」と、企業の存在理由である「経営理念」を、日々の仕事を通して結びつけていくための様々なプログラムを提供している。これまでの取引実績は、45社ほど。食品メーカー、コンビニ、運送、物流、コールセンター、電力会社、電気メーカー、スポーツメーカー、不動産、製薬会社、鉄道会社、自動車会社、不動産会社、保険、金融、監査法人、システム開発、OA機器販売、病院、メンテナンス会社、教育機関など多岐に渡っている。

 

その他、ダイナミクス・オブ・ダイアログLLCパートナーとして、ワールド・カフェやフューチャーサーチ、AIなど、ホールシステムアプローチとよばれる対話型組織開発手法を活用しながら、組織や地域、コミュニティを活性化するためのファシリテーター養成講座や様々なワークショップを開催。また、一般社団法人フロー・インスティテュートでは、理事として、働く人を幸せにするフローな経営の研究、フロー・シンポジウムの開催などを行っている。

 

会社員時代に心理学者のチクセントミハイ博士が提唱する「フロー理論」に出会ったことがきっかけで、人が日々の仕事や生活の中で自身の可能性を最大限に発揮しながら、充実して幸せに暮らすには?について研究を始め「健全な自己愛に目覚め、フローに生きること。フローな人や組織を増やすこと」がライフテーマとなる。 

 

<資格等>

 

・TOEIC940点

・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー

・生涯学習開発財団認定 ワークショップデザイナー・マスタークラス

 

 

 

【推薦文】 


●株式会社アントレプレナーセンター 代表取締役 福島正伸 氏

  
大前さんは、2年以上にわたって、私の夢を現実化する最高のサポートをしてくれました。 大前さんのおかげで、夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーションの実現、何冊もの新刊企画・発売、そして、「感動ムービー」企画・制作など、夢見てきたことを次々と実現することができました。

 

特に、出版と感動ムービーの企画プロデュースは、まさに大前さんの真骨頂だと思います。この一年間で、トータル6冊の本を出版し、合計20万部以上が売れています。 また、感動ムービーは、新しい会社案内の提案として、いくつもの大手企業様から制作オファーをいただいております。 これほどまでに人を感動させる作品ができるのは、大前さんしかいないと 確信しています。 大前さんは、人の夢を形にすることができる、まさに「ドリーム・プロデューサー」 なのです!

 

大前さんの仕事の進め方は、極めて高次元なものです。トータルで物事をとらえ ながらも、綿密に仕事を進めることは、なかなかできないものです。しかし、それらをさらりとやってしまうところが、大前さんらしいところだと思います。 これからは、たくさんの人々の夢を形にして、世界中を感動で包みこんでください。 そしてもちろん、私のパートナーとしても、よろしくお願いいたします。 


●空間演出プロデューサー 中村 文さん

 
大前みどりさんとは 同じ職場で2年ほどご一緒させていただきました。 よく、取引先様から 「えー!?お子さんいらっしゃるんですか?!」 と驚かれていました。 大前さんは、仕事に対して、常に全力を尽くし、絶対に妥協しません。

 

たとえば、

 ・点の位置ひとつ、ことばひとつも意味を追求する。 

 ・誤字脱字は見逃さない。 

 ・仕事にかかる前は全体像の把握から始まり、スケジューリングをして取り掛かる。 

 

テクニカルライターをされていた経験から緻密で間違いが少ないです。そうした仕事に対する"姿勢"を見て、お子さんがいることにびっくりされるのだと思います。

 

でも、大前さんの"仕事内容"="作品"をみると「お母さんだからこそ」を感じます。 

 

大前さんが得意とするのは「翻訳」

様々な媒体に載せられた誰かの伝えたいメッセージを "母性で翻訳する"

 

これがいちばんシビレる大前さんの必殺技です。"母性で翻訳する" 言い換えると、"誰にでもわかるように" そして "誰しもの心のどこかを突く" そんな風にメッセージを表現することができる人です。

 

ご自身、小さい頃から本を読み続けていらっしゃいます。 大前さんのかばんは筋トレをしているのか?! というくらい重い。 いつも本が数冊入っているから。1ヶ月に60冊くらいの本を手にすると言われていたのにびっくりしました。 本を通じてたくさんの人の表現を体に沁みこませてきたから、人の思いを心で理解することができるんだと思います。 そして、お子さんと対話しているからこそ、その理解をわかりやすくアウトプットできるんだと思います。

 

伝えるというのは、かっこつけて難しくするのではなく、子どもにもわかるように。こうしてみると、大前さんってすべての経験をスキルにしている女性ですね。